就職偏差値を気にしている女性の画像

就職偏差値を気にし過ぎてない?

就職偏差値を気にするあまり、貴方が本当にやりたいことを見失っていませんか?就職偏差値が低くても、就職できることは多々あります。自分の限界や選択肢を狭めてしまっていることに早めに気付きましょう。

就職偏差値って?IT業界の偏差値が知りたい!

就職偏差値とは、インターネットの世界で発生した就職先のランキングのことです。これは偏差値が高ければ高いほど、エリートが進む就職先として定められています。ただし、これはあくまで誰かが決めたランキングにすぎないことを頭に置いておきましょう。ところで、この就職偏差値においては、IT業界は低めに置かれています。それは、この業界は一般的に残業が多くきつい仕事だということが昔から定着しているからです。確かに日付が変わるまで働かされることが昔は多かったようです。しかし、現在では労働環境が見直されて、それほど無茶な残業は発生しないようになっています。もう一度言いますが、就職偏差値はあくまで恣意的なランキングにすぎないので、ご自身の目標や希望を最優先に就職活動をすることをお勧めします。偏差値で定められていることを鵜呑みにしてはいけないことは次のようなことでも明らかです。一つは、高学歴でエリートが進むべき道を基に作成されていることです。それが果たしていい道かどうかは疑問が残ることです。エリートが進むでき高偏差値の企業は激務であることが多く、それは一般的なサラリーマンの比ではありません。高学歴だからといって、レールで敷かれたようなエリート街道を進まなければいけないわけではないからです。プログラマーの求人情報を探す場合なども、偏差値を気にするより、自己分析をすることが優先です。自分のことを知り、どのようなことをしたいのか、働くうえでの希望は何か、そのあたりをはっきりさせるべきなのです。しっかりと自己分析をしていれば、偏差値なんぞに頼る必要はなくなります。他人に決められた基準に縛られるより、自分の道を突き進んだ方が絶対に楽しい人生が待っています。

就職活動支援アプリ!自分にあった会社が見つかる

近年、就職活動の仕方が大きく変わり、現代の学生はインターネットを活用して企業を検索する事が一般的となってきました。そしてここ数年は、インターネットを活用した方法の中でも、スマートフォンを利用する学生が増えた事もあり、各求人サイトのアプリが登場しています。新卒求人専用のアプリがいくつも展開されていますので、空いた時間を使って簡単に新卒求人を検索する事が出来る様になりました。各求人サイトへ登録する必要がありますが、一度登録しておくとアプリを起動するだけで簡単に検索が可能です。そして、企業を検索する際には、まず業界や職種で検索する事から始めてみましょう。新卒求人サイトには非常に多くの求人が掲載されていますので、その中から希望の求人を見つける事は簡単ではありません。いくつか検索条件を変更しながら調べてみると良いでしょう。気になる企業があれば、お気に入りに登録をしておき、そして実際に応募が可能な時期となると、スマートフォンのアプリを通して応募をしていきましょう。事前にプロフィールを登録しておくことで、ご自身の詳細を企業へ送る事が出来ます。企業によっては、エントリーシートの提出を求めるケースもありますので、企業のフォーマットに応じて作成をしていきましょう。エントリーシート作成にはパソコンを使用して作成する法が効率が良いため、是非パソコンを併用しながら求人へ応募していきましょう。そして企業と説明会や面接会のやりとりもメールで行われる事が多くなりましたので、アプリにて新着メールなどが届いた時に通知してくれる様に設定しておくと良いでしょう。スマートフォンのアプリを最大限に活用して就職活動を成功へと導いていきましょう。

就職先の選び方、自分の価値観を大事にしよう

就職先を選ぶ際のポイントはそれぞれの人で異なるものですが、その中でも見落としてはならないものとして覚えておかなくてはならないのが自分の価値観です。価値観というのは主に自分が何を重視するかであり、自分の今後を見定める上で重要な要素です。もし価値観として給与をたくさんもらえることが重要なのであれば、それは多少残業が多くとも、仕事が厳しくとも給与の多さを軸にして就職先を選ぶべきでしょう。逆に給与は少なくても良いから働きやすいところが良いということであれば、給与の水準が他社よりも低かったとしても、残業が少なく余裕を持って仕事ができるところを選ぶべきとなります。また総合職採用ではない、つまりそれぞれの適性をみて後から配属先を決定するスタイルで採用するわけではないところに就職をするのであれば、自分が今後どのような仕事をするのかということを踏まえた上で自分の価値観と照らし合わせるのが大切です。販売職として採用されて店頭での接客を行う仕事をしてもらうという前提の採用に、将来的にはバイヤーになって商品仕入を担当したいと考えている人が申し込んでもミスマッチを起こす可能性が高いです。もちろん就職したあとで努力してバイヤーのポジションを狙うということも出来なくはありませんが、もともと販売職として採用をしているのですからしばらくは販売職として働く必要があるでしょう。そのため「早くバイヤーとして働きたい」と考えているのであれば、別の企業を探すのも検討するべきです。昨今では長引く不況のため、就職ができれば良いと考えている人が明らかに増えています。しかし就職をすれば長く働いていくことになるのですから、くれぐれも自分の価値観を考えて、長く働けそうな場所を探すことを心がけてください。