就職偏差値を気にしている女性の画像

就職偏差値を気にするあまり、貴方が本当にやりたいことを見失っていませんか?就職偏差値が低くても、就職できることは多々あります。自分の限界や選択肢を狭めてしまっていることに早めに気付きましょう。

就職するならシステムエンジニア?店長?

就職するならシステムエンジニアが、将来性があって良いでしょう。しかし、人には向き・不向きがあるので、不向きな職業を選んでしまうと、仕事が辛いものとなります。コンビニの店長などは、高い給料を得られるというイメージを持っている人もいますが、実際にはそれほど稼げません。年収が300万円を下回るということもあるようです。人気のお店をいくつか持っていれば、高い年収を得られますが、簡単ではありません。

システムエンジニアという職業は、経験が重視されるので、いきなりなれるものではありません。システムエンジニアとして採用されても、未経験の人はアシスタントなどから始めることになるでしょう。プログラマーからシステムエンジニアにキャリアアップすることも多いようです。

コンビニなどの店長という立場は、会社員であることが多いですが、経営者という立場になることもあるようです。会社員の場合には正社員としての給料が出ますが、経営者という立場では給料は出ません。経営者というのは高年収というイメージがありますが、経営がうまくいっていないと普通のサラリーマンよりも給料が低くなってしまうこともあるので、簡単な仕事でもありません。

結論として、就職するなら、これからの時代のニーズもあるシステムエンジニアがおすすめです。実務経験が重視されるので、プログラマーなどでもよいので、まずはITエンジニアとしての経験を積むことからはじめるのがよいでしょう。中小企業では未経験者でも採用しているところがあるので、積極的に応募をしてみましょう。面接を受けるだけでも、なにか得るものがあることでしょう。面接では聞かれたことを答えるだけでなく自分から質問もして、積極性をアピールしましょう。